コロナ感染率と抗体保有率

ざっくり比較した。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210205/k10012851081000.html より。

一方、https://www.news24.jp/archives/corona_map/index2.html によると、2020年12月31日までの累積感染者数は以下の通り。

東京:60177人
大阪:29999人
愛知:16572人

人口は、だいたい以下の通り。(ググって適当な数字を拾ってきた)

東京:1396万人
大阪:881万人
愛知:753万人

さて、感染率と抗体を持っている人の割合(抗体保有率)を比較しよう。

都府県 感染率 % 抗体保有率 % 感染率/抗体保有率
東京 0.43 0.91 0.47
大阪 0.34 0.58 0.59
愛知 0.22 0.54 0.41

3都府県とも、だいたい半数程度が感染者数として検出されている感じか。
「知らないうちに罹って、知らないうちに治ってた」というのはそんなに多くはなさそう。
また、PCR検査は少なすぎて全然拾えていない、というのとも違う感じ。

ざっくりそんな印象。そんなに違和感のない印象。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください