【ガッテン!】サウナに行った日はよく寝られる理由【新発見かも?】

サウナ、いいよね~

普段の夜だと、おしっこのために夜中に1回、早朝に1回、合計2回ほど目が覚めることが多い。当然、眠りの質はあまり良いとは言えない。
ところが、サウナに行った日はたいてい朝までぐっすりよく寝られる。夜中におしっこで目が覚めることはほとんどない。普段より良質な睡眠。

ストレス解消、自律神経が整えられる、適度な疲労、などの理由で説明されることが多いし、多分そうだろうと思っていた。
しかし、7月15日のNHKの「ガッテン!」を見て、これが本当の理由に違いない!という結論に至ったので紹介したい。

7月15日のガッテン!の内容はこちら。

夜中、寝ている間にトイレに行く「夜間頻尿」。その大きな原因の一つが、日中に摂取した水分がふくらはぎの部分にたまってしまうためだとわかってきました。

本来、私たちの体は体内の水分を一定に保つため、食事や飲み物などで摂取した水分を主におしっこに変えて排出します。ところが、加齢とともに血液を循環させる機能が低下すると、足の血管から水分が漏れ、ふくらはぎの部分にたまってしまうのです。その結果、夜、横になったときに水分が再び血管に戻り、増えた血液を減らそうと、おしっこが作られてしまうと考えられます。ふくらはぎはまさに“第二のぼうこう”だったのです。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20200708/index.html

放送を見たときには「へえ~。結局むくみだよねえ。夕方、向こう脛あたりを押すと凹んだままになるから、むくみはあるんだよねえ。そうかあ、それで夜中におしっこに行くのかあ~」という状態だった。

で、翌日になって気づいた。
もしかしたら、サウナに行くとむくみが取れるのではないか? むくみがとれるということは、第2の膀胱を空にするということで、これが原因で夜中のおしっこが減る(夜間頻尿が軽減される)んじゃないか?

ぐぐってみると、サウナでむくみが取れると書かれているサイトは数多くある。(医学的に認められているかどうかまでは不明)

https://mitsuraku.jp/kiji/sauna-lose-weight
https://nanairo.jp/health/mukumi/health_3394/
https://xn--zck5b0gb9679erp1b.jp/sauna-women-298

試しにサウナに行って、サウナ前後のふくらはぎの周囲を測ってみたら1cmくらい細くなっていた(適当な測定なので誤差は大きいと思う)。指で押した感じでもむくみが軽減されているっぽい。

サウナと夜間頻尿の関係に触れたサイトは多くないが、なくはない。
例えば、

https://blog.goo.ne.jp/t2006f/e/ff12987c62521c095db161f3a63237a2

とか。

サウナと夜間頻尿の関係を自律神経で説明するよりもむくみで説明する方が、個人的はしっくり来た。いかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください